pagetop

マスタング - フォード中古車の気になる相場は?


全体相場

件数中心価格帯最安値最高値
2年以内 62件 438.0 万円558.0 万円 280.0万円 1439.0万円
4年以内 96件 418.0 万円598.0 万円 280.0万円 1439.0万円
7年以内 143件 388.0 万円498.0 万円 179.0万円 1439.0万円
全て 236件 298.0 万円458.0 万円 35.0万円 1480.0万円
(更新日: 2020/07/02)

» フォード マスタングの中古車の在庫をすべてチェック!

カラー別の相場

カラー件数中心価格帯最安値最高値
ホワイト 58件 210.0 万円416.0 万円 46.8万円 1439.0万円
レッド 20件 358.0 万円498.0 万円 35.0万円 758.0万円
ブルー 29件 348.0 万円450.0 万円 129.8万円 818.0万円
グリーン 10件 298.0 万円658.0 万円 148.0万円 734.8万円
ブラック 58件 268.0 万円456.0 万円 98.0万円 1480.0万円
ブラウンM 1件 458.0 万円458.0 万円 458.0万円 458.0万円
シルバー 10件 179.0 万円448.0 万円 148.8万円 798.0万円
イエロー 20件 330.0 万円488.0 万円 59.0万円 798.0万円
グレーM 11件 355.0 万円398.0 万円 168.0万円 930.6万円
ガンM 18件 378.0 万円468.0 万円 98.9万円 770.0万円
オレンジ 1件 198.0 万円198.0 万円 198.0万円 198.0万円
(更新日: 2020/07/02)

カラー名をクリックするとそのカラーの中古車の在庫をすべてチェックできます。

年式別の相場

年式件数中心価格帯最安値最高値
2020年 9件 488.0 万円500.0 万円 417.0万円 1439.0万円
2019年 35件 458.0 万円588.0 万円 300.0万円 818.0万円
2018年 18件 416.0 万円456.0 万円 280.0万円 798.0万円
2017年 21件 438.0 万円638.0 万円 338.0万円 789.0万円
2016年 13件 378.0 万円407.0 万円 348.0万円 698.0万円
2015年 29件 358.8 万円388.8 万円 318.0万円 498.0万円
2014年 11件 328.0 万円370.0 万円 179.0万円 568.0万円
2013年 7件 219.8 万円269.0 万円 218.0万円 358.0万円
2012年 9件 283.0 万円348.0 万円 218.0万円 478.0万円
2011年 9件 168.0 万円269.0 万円 98.0万円 398.0万円
2010年 8件 148.0 万円178.0 万円 98.7万円 298.0万円
2009年 3件 145.0 万円189.0 万円 145.0万円 259.0万円
2008年 8件 108.0 万円138.0 万円 98.0万円 193.0万円
2007年 13件 109.0 万円198.0 万円 96.0万円 279.0万円
2006年 5件 198.0 万円210.0 万円 179.0万円 358.0万円
2005年 5件 148.8 万円156.8 万円 129.8万円 219.0万円
2003年 2件 62.0 万円62.0 万円 62.0万円 85.0万円
2002年 1件 59.0 万円59.0 万円 59.0万円 59.0万円
1999年 1件 59.5 万円59.5 万円 59.5万円 59.5万円
1998年 4件 35.0 万円115.0 万円 35.0万円 119.9万円
1972年 2件 148.0 万円148.0 万円 148.0万円 348.0万円
1971年 1件 358.0 万円358.0 万円 358.0万円 358.0万円
1970年 1件 528.0 万円528.0 万円 528.0万円 528.0万円
1968年 1件 668.0 万円668.0 万円 668.0万円 668.0万円
1967年 3件 569.8 万円770.0 万円 569.8万円 798.0万円
1966年 7件 330.0 万円480.0 万円 330.0万円 798.0万円
1965年 8件 358.0 万円598.0 万円 298.0万円 1480.0万円
(更新日: 2020/07/02)

年式をクリックするとその年式の中古車の在庫をすべてチェックできます。

都道府県別の相場

都道府県件数中心価格帯最安値最高値
北海道 1件 198.0 万円198.0 万円 198.0万円 198.0万円
岩手県 1件 280.0 万円280.0 万円 280.0万円 280.0万円
山形県 3件 59.5 万円398.0 万円 59.5万円 498.0万円
福島県 1件 210.0 万円210.0 万円 210.0万円 210.0万円
茨城県 6件 178.0 万円398.0 万円 148.0万円 528.0万円
栃木県 2件 46.8 万円46.8 万円 46.8万円 268.0万円
群馬県 3件 96.0 万円109.0 万円 96.0万円 358.0万円
埼玉県 22件 174.5 万円416.0 万円 59.0万円 1439.0万円
千葉県 14件 98.9 万円219.8 万円 85.0万円 518.0万円
東京都 20件 348.0 万円478.0 万円 35.0万円 1480.0万円
神奈川県 11件 388.0 万円658.0 万円 129.0万円 798.0万円
新潟県 1件 528.0 万円528.0 万円 528.0万円 528.0万円
富山県 6件 219.0 万円358.0 万円 178.0万円 798.0万円
長野県 2件 168.0 万円168.0 万円 168.0万円 748.0万円
岐阜県 19件 318.0 万円458.0 万円 148.8万円 734.8万円
静岡県 4件 198.0 万円396.0 万円 198.0万円 498.0万円
愛知県 35件 388.0 万円458.0 万円 148.0万円 658.0万円
三重県 12件 358.0 万円638.0 万円 279.0万円 734.8万円
滋賀県 2件 119.9 万円119.9 万円 119.9万円 380.0万円
京都府 2件 388.8 万円388.8 万円 388.8万円 495.0万円
大阪府 11件 330.0 万円478.0 万円 115.0万円 668.0万円
兵庫県 11件 488.0 万円658.0 万円 378.0万円 818.0万円
奈良県 3件 62.0 万円328.0 万円 62.0万円 448.0万円
岡山県 1件 450.0 万円450.0 万円 450.0万円 450.0万円
広島県 14件 298.0 万円528.0 万円 193.0万円 798.0万円
山口県 5件 387.0 万円407.0 万円 379.0万円 439.0万円
香川県 1件 129.8 万円129.8 万円 129.8万円 129.8万円
愛媛県 1件 218.0 万円218.0 万円 218.0万円 218.0万円
福岡県 15件 338.0 万円389.0 万円 156.8万円 770.0万円
長崎県 1件 500.0 万円500.0 万円 500.0万円 500.0万円
熊本県 2件 358.0 万円358.0 万円 358.0万円 388.8万円
大分県 2件 298.0 万円298.0 万円 298.0万円 468.0万円
沖縄県 2件 145.0 万円145.0 万円 145.0万円 298.0万円
(更新日: 2020/07/02)

都道府県名をクリックするとその都道府県のディーラーの中古車の在庫をすべてチェックできます。

グレード別の相場

グレード件数中心価格帯最安値最高値
V6 コンバーチブル プレミアム 3件 145.0 万円 168.0 万円 145.0万円 179.0万円
V6 コンバーチブル スポーツアピアランス 1件 168.0 万円 168.0 万円 168.0万円 168.0万円
V6 プレミアム ディーラー車 ドラレコ レーダー ETC 17件 108.0 万円 218.0 万円 96.0万円 249.8万円
スタイルクール 1件 174.8 万円 174.8 万円 174.8万円 174.8万円
V8 GT プレミアム 液晶メーターパネル GTライン 26件 328.0 万円 448.0 万円 148.0万円 498.0万円
プレミアムアップルカープレイ 純正18AW LED 5件 348.0 万円 358.0 万円 148.0万円 389.0万円
V8 GTパフォーマンスパッケージ 6MT エレノアVer. 1件 528.0 万円 528.0 万円 528.0万円 528.0万円
V8 GTグラスルーフレッドホット 走行1.2万Km 1件 298.0 万円 298.0 万円 298.0万円 298.0万円
V8 GTクーペ グラスルーフ ザ ブラック 35台限定車 1件 298.0 万円 298.0 万円 298.0万円 298.0万円
V8 GT コンバーチブル プレミアム 6速マニュアル 6件 193.0 万円 259.0 万円 168.0万円 408.0万円
ディーラー車 限定車V8GTグラバーオレンジ レーダー ナビ 1件 198.0 万円 198.0 万円 198.0万円 198.0万円
COBB3パック RTRボディキット RTR20AW 実走行 22件 378.0 万円 388.8 万円 328.0万円 468.0万円
シェルビーGT350 新車 テクノロジーPKG 自社米国買付 9件 678.0 万円 778.0 万円 658.0万円 930.6万円
V8 GT ファーストバック UK仕様右ハンドル 8件 478.0 万円 577.0 万円 398.0万円 734.8万円
エコブーストプレミアムPKG 自社管理下取車 1件 318.0 万円 318.0 万円 318.0万円 318.0万円
クーペ ジオバンナ20AW 社外マフラー 4件 59.5 万円 119.9 万円 59.5万円 129.8万円
Gリミテッド ゼノンフルエアロ COBRAボンネット 1件 46.8 万円 46.8 万円 46.8万円 46.8万円
カリフォルニアスペシャル 2件 198.0 万円 198.0 万円 198.0万円 668.0万円
GT 4件 35.0 万円 156.8 万円 35.0万円 498.0万円
コブラ ディーラー車 追加メーター 外品ヘッドライト 2件 115.0 万円 115.0 万円 115.0万円 298.0万円
シェルビー GT500 デュアルクラッチ 760馬力 3件 478.0 万円 568.0 万円 478.0万円 1439.0万円
コンバーチブル エコブースト UK仕様 国内未登録 新車 39件 280.0 万円 500.0 万円 98.7万円 770.0万円
Gコンバーチブル 2件 59.0 万円 59.0 万円 59.0万円 62.0万円
(更新日: 2020/07/02)

グレード名をクリックするとそのグレードの中古車の在庫をすべてチェックできます。

フォードマスタング 2014年(平成)26年1月発売モデルのカタログ情報

アメリカンスペシャルティカー、フォード「マスタング(MUSTANG)」。ラインアップは、5L V8 DOHCエンジン搭載の「V8 GT コンバーチブル プレミアム(V8 GT Convertible Premium)」、「V8 GT クーペ プレミアム(V8 GT Coupe Premium)」、3.7L V6 DOHCエンジン搭載の「V6 クーペ プレミアム(V6 Coupe Premium)」を設定。特別仕様車には「V8 GTパフォーマンスパッケージ」(限定70台)を設定。いずれのエンジンも、パワーアップと燃費改善を両立するTi-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)を採用し、V8モデルは最高出力426馬力、V6モデルは309馬力を実現。今回、マスタング誕生50周年を記念した特別仕様車「50イヤーズ エディション」を設定(限定350台)。ファストバックのボディに新開発の2.3L エコブーストTMエンジンを搭載。エクステリア、インテリアに50周年記念エンブレムが配されている。また、ブラックにペイントされた大径の5本スポーク19インチアルミホイールを採用。インテリアには、最新のスペシャルティカーに相応しいデザイン性と最新のテクノロジーを採用し、モダンで操作性に優れたドライバー空間を実現している。またリア独立懸架サスペンションの採用により居住性とラゲッジルームの容量も拡大している。全モデル、左ハンドルのみの設定。

フォード マスタングの口コミ評価

  • さん2019/11/23

    EV旋風。



    【所有期間または運転回数】


    【総合評価】
    マスタングEVの発表でイッキにEV車が普及。エクステリアデザインはグリルなしの60年車の旧車デザインと中身は最新? アメ車ならテスラのピラットホームに側デザインは既存メーカーのデザインでデビューすればデザインよしコスト削減でイッキに普及するが。内装はデカイパソコン画面ありでテスラソノモノで超簡素化でGOOD。旧車のアメ車デザインでEV車をどんどんデビューさせてほしい。アメ車60〜70年デザインは超傑作、やはりデザインはアメ車がほしい方々は多い。マスタング、コルベットなどEVでも生き残ってほしい車。

    【良い点】
    レトロデザインと中身は最新EV。
    価格設定も売れすじに設定。

    【悪い点】
    テスラを手本にしてる感じで、冒険してほしかったが。テスラモデルYのいいとこどりでいいのか不思議? 各メーカー、EV車のフロントグリルのあるなしに迷っている感じがうかがえる。
  • オリベルさん2018/10/29

    フォード50イヤーズエディション



    【所有期間または運転回数】
    3年ほど所有し、海外転勤により売却。


    【総合評価】
    4.5/5

    【良い点】
    外観;ワイドボディにフロント、リア、サイドどこから見てもかっこいい。所有感を充してくれ、街を走ると注目される。
    内装;先代にくらべ圧倒的にデザイン性が増した。国内車でこのレベルの内装の車は高級車のみであろう。
    エンジン;2.3エコブーストエンジンは、高速道路の坂道を100キロ超で登る際も十分なトルクを感じる。
    燃費;街乗りでは7キロほどの燃費が、100キロ巡回で14キロ、80キロ巡回では18キロほどの燃費を叩き出す。
    価格;このルックス、エンジン性能でこの値段はお得。いい車だと思う。
    機能;取り回しがしやすい。シートヒーターは冬場に窓を開けて走る際重宝した。オーディオは友人に褒められた。


    【悪い点】
    リアエンブレムが、貧弱なパーツのせいでよく壊れる。交換してもいずれ壊れることになる。(私は3年で2度交換)
    外車のため、修理、パーツが高い。
    幅が大きい為、駐車場探しに苦労する。また、ドアも大きく乗り降りがしにくい。これはデザインなので仕方がないが。
  • Hueyさん2017/10/18

    スタイリングが良く、実用性も高い万能車。ポニーパッケージ装着



    【所有期間または運転回数】5年


    【総合評価】全ての面でとにかく不満のない車


    【良い点】スタイリング:50年前の大ヒットモデルからずっとぶれないクーペデザイン。所有していて誇らしいです。どの方向から見ても全然エグくなく、品のあるデザインだと思います。顔も怒っていません。
    実用性:大きめのクルマなのでトランクも大きくストローラーやおむつの買いだめ分などのかさばるものも余裕で積めます。開口部も広いです。リヤシートへのアクセスも大変しやすく、後席に子供を乗せて自分は前へという動作が2ドアのためとても行いやすい。大きめのクルマですが車幅は1.88cmなので駐車場で迷惑をかけるアメ車ではありません。
    運転感覚:乗り心地はとてもよく、静粛性ともども不満は無しです。307馬力発生のエンジンは踏めばとても速くしかも扱いやすいです。すべての方向の視界も良いです。シートの調整幅も大ききいので180cmの私と150cmの妻が不満なく運転できます。ブレーキも良くききます。
    燃費:高速はリッターあたり約13キロ、街乗りでは7−9キロ。6ATのおかげでとても良いです。


    【悪い点】なし
  • GUCHI さんさん2017/08/02

    気に入っています



    最初からかなりカスタムされている車両で とても気に入っています
    これから自分色に仕上げるか 考え中です
    まだ乗り出したばかりなので毎日が楽しみです
  • ひろひろひろひろ1号さん2016/02/20

    素敵です、この車



    【所有期間または運転回数】
    2カ月

    【総合評価】
     満点

    【良い点】
     カッコイイし燃費が思っていたよりよい

    【悪い点】
     無し
  • mustangagogo_s197さん2016/01/31

    いまだからこそ。10年目です。



    【所有期間または運転回数】
    正規ディーラーで新車購入して早10年。毎日の通勤にも使用。
    小学生だった子供ももう高校生に。意外に子供もお気に入りのようです。

    【総合評価】
    なんだかんだいって、10年も乗っている。乗り換えようかと思って国産、輸入車含め気になる
    車種は試乗なりしてみたが、さっぱりしっくりこない。他に乗り換えようとならない、これにつきます。


    【良い点】
    やっぱりスタイリングです。初代〜69年あたりをベースにしたデザインはやっぱりカッコいい。
    USブリットのパーツを多用してシンプルに仕上げています。こういったことができるのもアメ車
    らしい。
    アメ車は燃費が悪いってのは、乗れないやつのひがみ。いまだに街乗り平均7Km/L以上、先日も
    家族3人で日帰り遠出で往復600Km(雪道で、高速7割ですが)で平均10.5KM/Lを記録してますよ。しかもレギュラーガスで。しっかり愛情をもって接すれば、ちゃーんとこたえてくれます。

    【悪い点】
    これからもずっと乗りたい!って思わせてくれます。いつまでも乗り換えられないかも。
    でも、フォードジャパン撤退で。。。
  • 高坂義信さん2015/12/30

    誰もが楽しめるスポーツカー“ポニーカー”の元祖



    【総合評価】
     マスタング・コンバーチブル 1967年式。モダンマッスルとして人気が再燃しているマスタングですが、ルーツは1964年から。イージーにスポーティドライブを楽しめるポニーカーとして大ヒットし、シボレー・カマロやダッジ・チャレンジャーなどとともに、1つのカテゴリーを作ってしまいました。デビュー当初はハードトップとコンバーチブルのラインナップ。そのシルエット&デザインは後発の日本車にも大きな影響を与えました。

    【良い点】
     エンジンは直6も用意されていましたが、アップグレードのユニットとしてV8も。写真のモデルは1967年式、排気量は当時、最大級の289(4.7l)V8を搭載しています。今どきのクルマに乗り慣れてしまうと、パワー的には物足りなさもありますが、オープンエアで乗りこなすさまは、カッコいい! の一言でしょう。

    【悪い点】
     初代マスタングは1964〜1973年の販売。年式が年式だけにコンディションのいいクルマを探すのも難しく、レストアなどを行ったクルマは価格が……。それも含め、大人の趣味のクルマ、と言えるでしょう。
  • 高坂義信さん2015/09/29

    生誕50周年、エコへの転換



    【総合評価】
     ''14年、デビュー50周年を記念して登場した7代目マスタング。''05年に登場した6代目から「モダン・マッスル」として、エクステリアもパフォーマンスもモンスター化。さぞやこの7代目もスゴいエンジンが……と思ったら、なんとV8ではなく、2.3l直4を搭載。それでもフォードの新世代ユニット“エコブースト”仕様で314馬力を発揮、十分、パワフルな走りを実現しています。ハイエースのエンジンは2.0lあるいは2.7lガソリンか、3.0lディーゼルターボが設定されていますが、車種によってはエンジンが選べないことも。オススメは力があり、燃費も優秀なディーゼル。騒音や振動は少し気になりますが。

    【良い点】
     ハイスペックはパワーユニットですが、乗りにくさは皆無。普段乗りのクルマとして快適に乗れるし、リヤの居住スペース、トランクルームもそれなりに広さがあります。初代以来、伝統の逆スラントマスクも、HID&LEDヘッドランプとともに凄みを増した表情です。

    【悪い点】
     小排気量のターボエンジンは、やはり無理やりパワーを絞り出している感じ。やはり大排気量エンジンのトルクの余裕、豪快な加速がマスタングの魅力……この秋、リリースされるV8仕様車に期待です。ハイスペックはパワーユニットですが、乗りにくさは皆無。普段乗りのクルマとして快適に乗れるし、リヤの居住スペース、トランクルームもそれなりに広さがあります。初代以来、伝統の逆スラントマスクも、HID&LEDヘッドランプとともに凄みを増した表情です。
  • 工藤貴宏さん2015/04/28

    荒々しさは忘れていない



    【総合評価】
     新しいマスタングのトピックはエンジンが“わずか2.3L”の4気筒ターボになったことでしょうか。動力性能が気になるところですが、結論から言えば心配無用。先代のV6よりもパワーがあるのだから、遅いわけがありません。そしてフィーリングはどうか? 世間一般のダウンサイジングターボユニットは盛り上がりに欠けることが多いですが、はっきりいって心配無用です。高回転になるとドドドッという音とともに元気がよくなり、「つまらないダウンサイジング」とは無縁ですよ。

    【良い点】
     大幅に向上した燃費と洗練された乗り味。年内には右ハンドルが追加されるというのも朗報です。走行性能は大幅に高まりましたね。ラゲッジルームも実用的になりました。

    【悪い点】
     洗練された乗り味はクルマとしては進化ですが、独特のクラシカルな乗り味は薄まりました。なので古いアメ車ファンにとっては「よく出来過ぎ」に思えてしまう可能性もあります。マルチシリンダーがないのが不満? 大丈夫です、V8も追加されるようですから。
  • 工藤貴宏さん2015/02/24

    あえて旧世代を選ぶのも悪くない



    【総合評価】
     すでに新型が発売され日本の公道を走っていますが、あえて先代のレビューを残しておきたいと思います。新型にはない先代の魅力。それは「荒々しさ」に他なりません。グッと洗練度が高まった新型に対し、先代はいい意味での「荒さ」が残った乗り味。アメ車らしい雰囲気を重視するなら、あえて懐かしい乗り味の先代を選ぶのも大いにアリですね。

    【良い点】
     ワイルドさに尽きます、雰囲気も走りも。「古典的」という表現と判断が分かれるところですが、いずれにせよこの味わいは洗練度の高まった新型にはない魅力。新型に積む4気筒エンジンは十分な実力で性能面での不満はありませんが、アメ車らしいフィーリングや味わいははやり6気筒や8気筒を積む先代にはかないません。先代のちょっと雑なくらいの感覚がたまりませんね。激しいホイールスピンが似合うのは新型よりも先代なのです。

    【悪い点】
     すべてにおいて古い感じは否めません。だけど、それが魅力ですね。
  • てるさん2011/10/20

    左ハンドルです



    【総合評価】


    【良い点】
    大きすぎる程のドアがいい感じです。
    冬場、エアコンからすぐに暖かい風が出てくる。

    【悪い点】
    燃費がすこぶる悪い。
    電動格納ドアミラーがありませんでした。

マスタング以外のフォードの車種

全て見る

メーカーから探す

人気の車種一覧

フォード マスタング の中古車



中古車おすすめランキング

自動車ニュース

【免責事項】
本サービスに掲載される中古車情報は、株式会社プロトコーポレーションの情報に基づいています。
この情報の内容についてBIGLOBEでは一切の責任を負いかねます。

表示  :  スマートフォン  |  PC

PAGE TOP