pagetop

4シリーズ - BMW中古車の気になる相場は?


全体相場

件数中心価格帯最安値最高値
2年以内 99件 410.0 万円478.0 万円 288.0万円 770.0万円
4年以内 168件 387.8 万円470.0 万円 239.0万円 770.0万円
7年以内 168件 387.8 万円470.0 万円 239.0万円 770.0万円
全て 168件 387.8 万円470.0 万円 239.0万円 770.0万円
(更新日: 2017/09/21)

» BMW 4シリーズの中古車の在庫をすべてチェック!

カラー別の相場

カラー件数中心価格帯最安値最高値
アルピンホワイト 79件 388.0 万円475.0 万円 308.0万円 725.0万円
メルボルンレッド 7件 358.8 万円398.8 万円 277.8万円 750.0万円
インペリアルブルー 15件 368.8 万円438.0 万円 328.0万円 548.0万円
ブラックサファイア 56件 387.8 万円470.0 万円 239.0万円 770.0万円
フローズンカシミヤシルバー 2件 348.8 万円348.8 万円 348.8万円 578.8万円
ミネラルグレー 8件 355.8 万円398.0 万円 298.0万円 609.9万円
ガンM 1件 398.0 万円398.0 万円 398.0万円 398.0万円
(更新日: 2017/09/21)

カラー名をクリックするとそのカラーの中古車の在庫をすべてチェックできます。

年式別の相場

年式件数中心価格帯最安値最高値
2017年 20件 465.0 万円491.0 万円 432.0万円 750.0万円
2016年 44件 427.0 万円498.0 万円 369.0万円 770.0万円
2015年 35件 368.8 万円438.0 万円 288.0万円 636.0万円
2014年 63件 356.0 万円438.0 万円 239.0万円 648.0万円
2013年 6件 345.0 万円390.0 万円 315.0万円 472.0万円
(更新日: 2017/09/21)

年式をクリックするとその年式の中古車の在庫をすべてチェックできます。

都道府県別の相場

都道府県件数中心価格帯最安値最高値
北海道 4件 418.0 万円478.0 万円 418.0万円 499.9万円
宮城県 1件 498.0 万円498.0 万円 498.0万円 498.0万円
福島県 1件 485.0 万円485.0 万円 485.0万円 485.0万円
茨城県 6件 349.9 万円419.9 万円 339.9万円 519.9万円
栃木県 1件 378.0 万円378.0 万円 378.0万円 378.0万円
群馬県 4件 398.8 万円470.0 万円 398.8万円 770.0万円
埼玉県 17件 349.0 万円464.4 万円 239.0万円 725.0万円
千葉県 6件 339.9 万円458.0 万円 310.0万円 559.9万円
東京都 29件 388.0 万円501.0 万円 345.0万円 765.0万円
神奈川県 14件 368.0 万円432.0 万円 329.0万円 569.0万円
新潟県 1件 428.0 万円428.0 万円 428.0万円 428.0万円
富山県 1件 308.0 万円308.0 万円 308.0万円 308.0万円
石川県 1件 578.0 万円578.0 万円 578.0万円 578.0万円
岐阜県 4件 277.8 万円464.7 万円 277.8万円 528.0万円
静岡県 3件 388.0 万円410.0 万円 388.0万円 448.0万円
愛知県 11件 365.9 万円448.0 万円 298.8万円 648.0万円
京都府 2件 388.0 万円388.0 万円 388.0万円 399.6万円
大阪府 19件 388.0 万円452.8 万円 340.0万円 581.0万円
兵庫県 14件 378.0 万円489.0 万円 328.0万円 537.8万円
和歌山県 1件 378.0 万円378.0 万円 378.0万円 378.0万円
鳥取県 3件 468.0 万円498.0 万円 468.0万円 608.0万円
岡山県 2件 368.8 万円368.8 万円 368.8万円 438.0万円
山口県 1件 358.8 万円358.8 万円 358.8万円 358.8万円
香川県 2件 565.0 万円565.0 万円 565.0万円 567.0万円
愛媛県 3件 398.0 万円458.0 万円 398.0万円 548.0万円
高知県 1件 368.0 万円368.0 万円 368.0万円 368.0万円
福岡県 7件 375.0 万円438.0 万円 348.8万円 545.0万円
長崎県 3件 369.0 万円398.0 万円 369.0万円 438.0万円
熊本県 4件 346.0 万円488.0 万円 346.0万円 518.0万円
沖縄県 2件 288.0 万円288.0 万円 288.0万円 398.0万円
(更新日: 2017/09/21)

都道府県名をクリックするとその都道府県のディーラーの中古車の在庫をすべてチェックできます。

グレード別の相場

グレード件数中心価格帯最安値最高値
435iカブリオレ Luxury LED 19インチ ACC 5件 489.8 万円 518.0 万円 438.0万円 578.0万円
435iカブリオレ Mスポーツ LEDヘッドライト 赤革 15件 537.8 万円 608.0 万円 448.0万円 648.0万円
420i xDriveグランクーペ Msport認定中古車 3件 499.9 万円 538.0 万円 499.9万円 578.8万円
420iグランクーペ イン スタイル 限定車 地デジ 茶革 1件 388.0 万円 388.0 万円 388.0万円 388.0万円
430iクーペ ラグジュアリー インディビデュアル 1件 548.0 万円 548.0 万円 548.0万円 548.0万円
440iカブリオレ Mスポーツ 後期モデル ハーマンカードン 4件 725.0 万円 765.0 万円 725.0万円 770.0万円
428iクーペ スポーツ 1年保証 1件 315.0 万円 315.0 万円 315.0万円 315.0万円
440iクーペ MスポーツINDIVIDUALナツメグレザー 1件 649.9 万円 649.9 万円 649.9万円 649.9万円
440iグランクーペ ラグジュアリー INDIVIDUAL 1件 609.9 万円 609.9 万円 609.9万円 609.9万円
428iクーペ ラグジュアリー HDDナビ 1件 378.0 万円 378.0 万円 378.0万円 378.0万円
428iクーペ Mスポーツ ワンオーナー ACC 2件 398.0 万円 398.0 万円 398.0万円 458.0万円
435iクーペ スポーツ harman/Kardon ACC 1件 470.0 万円 470.0 万円 470.0万円 470.0万円
435iクーペ ラグジュアリ  本革 LEDヘッド19AW 6件 390.0 万円 464.4 万円 345.0万円 498.0万円
435iクーペ Mスポーツ 黒革シート HDDナビ Bカメラ 10件 438.0 万円 493.0 万円 408.8万円 567.0万円
420iクーペスポーツ アダプティブLEDヘッドライト 1件 334.8 万円 334.8 万円 334.8万円 334.8万円
420iクーペ ラグジュアリー 1年保証 新車保証 6件 348.8 万円 398.0 万円 239.0万円 469.6万円
420iクーペ Mスポーツ 30件 355.0 万円 379.9 万円 277.8万円 485.0万円
420iグランクーペ ラグジュアリー ブラックレザー LCW 17件 358.0 万円 427.0 万円 288.0万円 491.0万円
420iグランクーペMスポーツ認定中古車 ワンオーナ 禁煙車 52件 388.0 万円 444.3 万円 310.0万円 519.9万円
428iグランクーペMスポーツLEDウッド19AW認定中古車 4件 387.8 万円 480.0 万円 387.8万円 528.0万円
435iグランクーペ ラグジュアリー ACC 19インチ 2件 387.8 万円 387.8 万円 387.8万円 460.0万円
435iグランクーペ Mスポーツ認定保証直6TB赤革SR 3件 398.0 万円 452.8 万円 398.0万円 483.4万円
420iグランクーペ スタイルエッジxDrive 限定車 1件 468.0 万円 468.0 万円 468.0万円 468.0万円
(更新日: 2017/09/21)

グレード名をクリックするとそのグレードの中古車の在庫をすべてチェックできます。

BMW4シリーズ 2017年(平成)29年9月発売モデルのカタログ情報

傑出した美しさと圧倒的なダイナミズムを融合したBMWの新たなクーペ・モデル「4シリーズ」。BMWならではのショート・オーバーハング、ロング・エンジン・フード、流れるようなルーフラインにより、完璧なまでに美しくエレガントなプロポーションを形成。ラインアップは、2L 直列4気筒BMW ツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「420iクーペ スポーツ」、「420iクーペ ラグジュアリー」、「420iクーペ Mスポーツ」、「430iクーペ スポーツ」、「430iクーペ ラグジュアリー」、「430iクーペ Mスポーツ」、3L 直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンを搭載した「440iクーペ ラグジュアリー」、「440iクーペ Mスポーツ」を設定。グランクーペには、2L 直列4気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「420iグランクーペ」、「420i xDriveグランクーペ」を設定。それぞれ、「ラグジュアリー」/「Mスポーツ」を用意。2L 直列4気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「430iグランクーペ ラグジュアリー」、3L 直列6気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「440iグランクーペ ラグジュアリー」を設定。それぞれ、「Mスポーツ」を用意。カブリオレには、3L 直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジン搭載の「440iカブリオレ ラグジュアリー」、「440iカブリオレ Mスポーツ」を設定。8速ATトランスミッションを組み合わせる。特別限定車では、「420iグランクーペ Mスポーツ」をベースとした「420iグランクーペ イン スタイル」(200台)、「420iグランクーペ Mスポーツ」をベースに「420iグランクーペ セレブレーションエディション イン スタイル」、関西地区限定モデル「420iグランクーペ スタイルマイスター」(限定67台)を設定。今回、「420iグランクーペ Mスポーツ」をベースにした、中国・四国・九州・沖縄地区限定モデル「420iグランクーペ Mスポーツ アーバニスタ」(限定45台)を設定。美しいフォルムを際立たせるサテン・アルミニウムのサイド・ウィンドー・フレームと、オービット・グレイとのバイ・カラーに仕立てられた専用の19インチアロイ・ホイールのシャープなスポーク・デザインとのコントラストによって、優美かつスポーティなスタイルが際立つデザインとなっている。内装には各ボディ・カラーと美しいコンビネーションをおりなす個性的なカラーのダコタ・レザー・シートが採用されており、シリアルナンバーが付いた限定車バッチが輝く専用のウッド・トリムとともに限定車ならではの特別感を演出。ボディ・カラーは、特殊な顔料が配合された塗料を使用し、特別な工程で何層にも塗り重ねられることでより深みのある色合いを表現しているBMW Individual「シトリン・ブラック」、「シャンパン・クオーツ」の2色を用意。「440iクーペ ラグジュアリー」、「440iクーペ Mスポーツ」、「440iグランクーペ ラグジュアリー」、「440iグランクーペ Mスポーツ」、「440iカブリオレ ラグジュアリー」、「440iカブリオレ Mスポーツ」は左右ハンドル、その他は右ハンドルの設定。

BMW 4シリーズの口コミ評価

  • 428いいくるまさん2017/02/08

    普通にいい車



    否定しているような内容ですが、車としては本当に気に入ってます!!
    とばしたりしなければコストやパフォーマンスを考えると最高の車です^^

    【総合評価】
    よくできた車で、さすがBMWと思います。
    4シリーズなので高級車ではありませんが、細かいところまでまともに出来てます。
    ドライバーの気分を昂揚させてくれますが冷静に考えると微妙です。
    スポーツカーでなくスポーティーカーかなと思ってましたが、GTカーでした。
    の割には中途半端でラグジュアリーグレードにすればよかったかなと思います。
    とても運転しやすいですし、装備も充実してるので運転が苦手な人にもいいのかも。


    【良い点】
    窓が大きく明るい。
    やはりこのご時世にクーペだぞという自己満足。
    燃費が一昔前の国産車ばりに良い。
    4気筒でもスポーツモードにすれば、気持ちいいこと。
    エンジンは本当に良いと思います。
    乗り心地もMスポでも、けっこういいです。
    後席も子供を乗せるのにピッタリです。

    【悪い点】
    ・ブレーキの踏みシロが長過ぎる。
     オプションのMブレーキは不要と思いつけませんでしたが失敗したかな?
     ワインディングを調子に乗っていいペースで走る際ABSが効くレベルのブレーキをした際に思いました。
    ・ABSがすぐ効く。
     スポーツABSでないからしょうがないのかな。
     でもランフラットタイヤのせいなのかも
    ・スポーツモードのステアリングの重さが不自然
     ノンパワステの車に乗ってるからか、すごく不自然に感じます。
     軽いままでいいのにと思います。
    ・スプリングが軟らかい。減衰力の立ち上がりが遅い(わりにコツコツする)
     悪いところか良いところか不明です。こういう性格の車とも思うので下手にいじらない方がいいのかも
    ・ATF本当に交換しなくていいのか凄く不安
  • クーペ大好きさん2016/12/30

    一目惚れしました



    【所有期間または運転回数】1ヶ月


    【総合評価】広くはないが悪くはない使い勝手と何よりも魅力的なボディ


    【良い点】見ているだけで幸せになれる


    【悪い点】家族持ちには奥様からの冷たい視線がまっているかもしれません
  • 工藤貴宏さん2016/03/30

    実用性は高い!



    【総合評価】
     3シリーズのクーペ版が「4シリーズ」。で「4シリーズグランクーペ」とは4シリーズのスポーティな5ドアハッチバック版。つまり「3シリーズの兄弟でかっこいいスタイルのハッチバック」となります。流麗なフォルムだからと言って実用性や居住性が悪いかといえばそんなことはなく、後席には大人が十分に座れる広さ(3シリーズ同等)があるし、荷室も広い。そのうえ開口部が広いから使いやすい。つまり見た目だけかと思ったら、実はとっても使えるキャラクターでした。

    【良い点】
     美しいスタイル。不満のない後席居住性。実用的な荷物室。ドラえもんでいえば勉強もスポーツもできて性格もいい出来杉クンみたいな存在です。

    【悪い点】
     3シリーズよりも値段が高いこと。まあ許しましょう。
  • 工藤貴宏さん2016/01/31

    実力派4シーターオープン



    【総合評価】
     オープンカーといえば2シーターに目が行きがちですが、家族がいる人にとっては購入が難しい。そこで目を向けたいのがリヤシートを備える4シーターオープンカー。BMWの4シリーズカブリオもそんな1台です。ベースは3シリーズのクーペである4シリーズで、ルーフは電動格納式。考え方によっては、天井が開きカッコいい3シリーズと表現していいと思います。

    【良い点】
     とりあえず座れる後席がついたオープンカーだということ。BMW、しかも4シリーズのハイパフォーマンスエンジン搭載車だけ合って「駆け抜ける歓び」が詰まっているのはいうまでもありません。それが退屈な4シーターオープンカーとは大きく違う部分です。いっぽう都会で女性が乗れば、しっかりとエレガントな雰囲気を醸せるのもいいですね。もうひとつ、ルーフを開ければ開放的なオープンですが、閉じるとしっかりクーペで静粛性や快適性が高いのも見逃せないポイントです。

    【悪い点】
     後席は広くないですね。大人がきちんと座るのは無理です。
  • 森野 恭行さん2014/12/25

    名称どおりに車格感を高めた4シリーズ



    【総合評価】
      E36の時代から、3シリーズのクーペ系モデルはフロント部分のボディパネルも専用化していたが、後継の4シリーズでは独自性をより明確にしている。とくに、3シリーズに対してのトレッドと全幅の拡大は注目すべきポイントで、いかにもクーペらしいワイド&ローのプロポーションを形成している。
     エンジンはすべて直噴+ツインスクロールターボで、車種構成は直4・2Lの「420i」と「428i」、そして直6・3Lの「435i」を用意する。最上級の「435i」は、高性能に加えてラグジュアリーなムードもウリにするモデルだ。

    【良い点】
      プレミアムブランドのクーペに求められる洗練度や華やかさを、確実にレベルアップさせたのが4シリーズ。3シリーズクーペと比べると、車格感がさらに上がった印象だ。それは走り味にも表れていて、走り全体の落ち着きが増し、乗り心地のしっとり感と静粛性のレベルアップが図られたことがわかる。ふた世代前の6シリーズに比肩する存在になったといっても過言ではないだろう。
    「435i」に話を言及すれば、シルキーかつパワフルな直6ターボがもたらすゆとりに満ちた走りが光るところ。鞭を入れれば、306馬力/40.8?mの高性能にものを言わせ、豪快な加速を楽しむことも可能なのだから、なおさらに魅力的だ。
     それはシャシー性能にもあてはまる。オプションのアダプティブMサスペンション(電制可変ダンパー)を装着したモデルは、「スポーツ」または「スポーツプラス」のモードにおいては峠道を本気で攻めたくなる冴えたハンドリングを実現し、「コンフォート」においてはしなやかかつ快適な乗り心地を提供してくれるのだから、楽しみの幅は広い。

    【悪い点】
      4シリーズは、ロール剛性を高めるトーションバーを組み込んだ特別なフロントサスを採用するが、これが高速走行+うねり路面という条件で悪さをしている印象があった。具体的には、サスが突っ張った感じとなり、うねりをうまくいなすことができなかった。だが、最新の2015年モデルに乗ると、クセは影を潜め、全体によりバランスの取れた走りにしつけられていた。なんらかの改良が施されたものと考えている。

4シリーズ以外のBMWの車種

全て見る

メーカーから探す

人気の車種一覧

BMW 4シリーズ の中古車



中古車おすすめランキング

自動車ニュース

【免責事項】
本サービスに掲載される中古車情報は、株式会社プロトコーポレーションの情報に基づいています。
この情報の内容についてBIGLOBEでは一切の責任を負いかねます。

表示  :  スマートフォン  |  PC

PAGE TOP