pagetop

アウトランダーPHEV - 三菱中古車の気になる相場は?


全体相場

件数中心価格帯最安値最高値
2年以内 109件 309.9 万円339.9 万円 209.9万円 422.0万円
4年以内 178件 235.0 万円330.0 万円 159.0万円 422.0万円
7年以内 178件 235.0 万円330.0 万円 159.0万円 422.0万円
全て 178件 235.0 万円330.0 万円 159.0万円 422.0万円
(更新日: 2017/09/20)

» 三菱 アウトランダーPHEVの中古車の在庫をすべてチェック!

カラー別の相場

カラー件数中心価格帯最安値最高値
パール 57件 238.0 万円328.0 万円 178.0万円 422.0万円
レッドM 9件 318.6 万円319.9 万円 239.0万円 350.0万円
ライトブルー 8件 205.0 万円209.8 万円 198.0万円 239.0万円
ブラック 72件 269.8 万円339.9 万円 169.0万円 420.0万円
ブラウン 2件 270.0 万円270.0 万円 270.0万円 339.8万円
シルバー 7件 199.8 万円334.8 万円 198.9万円 339.9万円
ルビーブラックパール 2件 299.9 万円299.9 万円 299.9万円 299.9万円
チタニウムグレーメタリック 9件 199.8 万円219.8 万円 159.0万円 309.9万円
ガンメタリック 12件 202.0 万円245.9 万円 179.9万円 349.9万円
(更新日: 2017/09/20)

カラー名をクリックするとそのカラーの中古車の在庫をすべてチェックできます。

年式別の相場

年式件数中心価格帯最安値最高値
2017年 4件 359.8 万円389.9 万円 359.8万円 420.0万円
2016年 43件 328.0 万円349.8 万円 270.0万円 389.0万円
2015年 62件 294.8 万円334.8 万円 209.9万円 422.0万円
2014年 33件 199.9 万円239.9 万円 178.0万円 284.3万円
2013年 36件 199.8 万円229.8 万円 159.0万円 269.8万円
(更新日: 2017/09/20)

年式をクリックするとその年式の中古車の在庫をすべてチェックできます。

都道府県別の相場

都道府県件数中心価格帯最安値最高値
北海道 5件 213.0 万円218.1 万円 178.0万円 348.0万円
青森県 1件 279.8 万円279.8 万円 279.8万円 279.8万円
岩手県 8件 345.0 万円345.0 万円 330.0万円 355.0万円
宮城県 7件 284.9 万円339.0 万円 245.0万円 389.0万円
山形県 1件 248.0 万円248.0 万円 248.0万円 248.0万円
福島県 6件 235.0 万円265.0 万円 229.0万円 325.0万円
栃木県 7件 259.9 万円317.0 万円 229.0万円 328.0万円
埼玉県 13件 205.8 万円289.9 万円 159.0万円 349.9万円
千葉県 6件 309.9 万円335.0 万円 309.9万円 385.8万円
東京都 20件 245.9 万円339.9 万円 198.9万円 420.0万円
神奈川県 6件 259.9 万円349.9 万円 229.0万円 389.9万円
新潟県 5件 229.0 万円229.0 万円 189.9万円 328.0万円
富山県 2件 199.9 万円199.9 万円 199.9万円 213.0万円
石川県 1件 269.9 万円269.9 万円 269.9万円 269.9万円
福井県 1件 258.0 万円258.0 万円 258.0万円 258.0万円
山梨県 1件 196.9 万円196.9 万円 196.9万円 196.9万円
長野県 5件 221.0 万円245.9 万円 195.8万円 349.9万円
岐阜県 4件 199.8 万円278.0 万円 199.8万円 333.8万円
静岡県 4件 188.8 万円299.8 万円 188.8万円 334.8万円
愛知県 22件 228.8 万円319.8 万円 179.9万円 389.0万円
三重県 1件 199.8 万円199.8 万円 199.8万円 199.8万円
滋賀県 2件 219.0 万円219.0 万円 219.0万円 329.8万円
京都府 7件 199.8 万円305.1 万円 191.7万円 348.8万円
大阪府 1件 318.6 万円318.6 万円 318.6万円 318.6万円
兵庫県 23件 239.0 万円319.8 万円 204.8万円 359.8万円
奈良県 2件 338.0 万円338.0 万円 338.0万円 422.0万円
和歌山県 1件 238.0 万円238.0 万円 238.0万円 238.0万円
岡山県 4件 216.0 万円239.9 万円 216.0万円 358.0万円
広島県 3件 169.0 万円350.0 万円 169.0万円 370.0万円
福岡県 3件 198.0 万円229.9 万円 198.0万円 319.0万円
佐賀県 1件 200.0 万円200.0 万円 200.0万円 200.0万円
長崎県 1件 312.0 万円312.0 万円 312.0万円 312.0万円
熊本県 1件 349.0 万円349.0 万円 349.0万円 349.0万円
大分県 2件 209.3 万円209.3 万円 209.3万円 329.9万円
鹿児島県 1件 269.8 万円269.8 万円 269.8万円 269.8万円
(更新日: 2017/09/20)

都道府県名をクリックするとその都道府県のディーラーの中古車の在庫をすべてチェックできます。

グレード別の相場

グレード件数中心価格帯最安値最高値
7件 198.9 万円 213.0 万円 169.0万円 239.9万円
Gプレミアムパッケージ 電気温水式ヒーター AC100V電源 25件 259.9 万円 319.0 万円 205.0万円 422.0万円
Gナビパッケージ 電気温水式ヒーター Mナビ 急速充電 102件 235.4 万円 334.8 万円 159.0万円 389.0万円
Gセーフティパッケージ2017 ワイドナビ マルチアラウンド 42件 218.1 万円 319.8 万円 178.0万円 420.0万円
M 4WD 社外メモリーナビ 急速充電 1件 278.0 万円 278.0 万円 278.0万円 278.0万円
(更新日: 2017/09/20)

グレード名をクリックするとそのグレードの中古車の在庫をすべてチェックできます。

三菱アウトランダーPHEV 2017年(平成)29年2月発売モデルのカタログ情報

EV派生型の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載した「アウトランダーPHEV」。「i-MiEV」で培ったEV技術、「ランサーエボリューション」で鍛えた4WD技術、「パジェロ」で築いたSUVのノウハウを結集した、画期的な「自分で発電する電気自動車」であり、SUVタイプとして世界初のプラグインハイブリッド車となる。ラインアップは、ベーシックな「M」、先進安全技術「e-Assist(イーアシスト)」を標準装備した「G セーフティーパッケージ」、さらにカーナビゲーション等を追加した「G ナビパッケージ」、「ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステム」や本革シート等の快適装備も充実した「G プレミアムパッケージ」を設定。今回、EV走行を優先させる新機能を採用したほか、「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ」の装備や予防安全機能を向上させるなど一部改良を施した。併せて、より上質な乗り心地と優れた操縦安定性、プレミアム感ある内外装を特長とした最上級グレード「Sエディション」を設定した。高速道路の合流など加速時において、駆動用バッテリーからの電力供給をより持続させ、発電のためのエンジン始動を遅らせることで、今まで以上にEV走行を維持できるよう改良した。また、夜間走行時、周辺状況や先行車、対向車の有無により、ハイビームからロービームへの切り替え、ハイビームへの復帰を自動的に行うヘッドライトシステム「オートマチックハイビーム」を採用(「M」を除く)。装備では、ディスプレイオーディオにスマートフォンとの連携機能を追加した「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ」を最上級グレード「Sエディション」に標準装備とした(「G」系3グレードにメーカーオプション設定)。「Sエディション」では、ビルシュタイン社製の高性能ショックアブソーバーを採用。エクステリアでは、フロントラジエターグリル、アルミホイールをダーククローム調で統一し、Bピラー及びCピラーを光沢のあるブラック、前後バンパー下部のスキッドプレートをボディカラー同色とすることで、スポーティなプレミアム感を演出。インテリアでは、ステアリングホイール、メーターフード、センターコンソールアームレスト、ドアアームレスト、本革シートにレッドステッチを施し、各種パネル(インパネ、ドアトリム、コンソールアッパー、センタースイッチ)をシルバーのジオメトリック調で統一した。

三菱 アウトランダーPHEVの口コミ評価

  • GSX1100Sカタナ乗りさん2017/04/29

    社用にも使えます



    【所有期間または運転回数】
    1年2ヶ月 現在27000キロ


    【総合評価】
    コンサルティング会社を経営。社用として購入。会社へは自分で。長距離の社用は運転手にさせています。
    後席で仕事しながら長距離を移動しても疲れません。たまにクライアント所有の価格が倍もするHV車に乗せてもらいますが、エンジンが掛かるとぎくしゃくするのが分かります。これはそういった挙動も無く高速道路を快適に移動できます。自分で運転することも多いですが、運転が楽です。

    【良い点】
    静か。運転しやすい。普段の足はリーフですが、日常的にはEVとして使えること。フルオプションを選ぶと、安全装備も充実している。室内が広く、車高が高いし、デザインが媚びていないから視界が広い。大雪・台風でも移動可能で仕事に穴を空けない頼もしいクロカンに近いSUV性能。
    燃費だけの車では無い本物志向。
    【悪い点】
    室内の作りがマイナー後でも雑。三菱車は昔からだったが。小さながたつきが各所に出る。強いて言えばそのくらいと言えるかも。

    ベンツC220dワゴンか、アテンザワゴンディーゼルか迷ったが、これにして良かったです。
  • SDZKさん2016/04/03

    大満足!!



    【所有期間または運転回数】
     2週間

    【総合評価】
     おおむね満足!

    【良い点】
     充電することで日々の通勤はほぼ燃料を使わず走行できます。
     モーター走行ならではの静粛性や走りの力強さも満足度が高いです!

    【悪い点】
     悪い点とまではいかないが、もう少し室内スペースにゆとりがあれば良かったと思う。
     SUVとしては標準的な大きさだとは思いますが・・・
  • ナッカンマサオさん2016/03/02

    電気自動車テスラモデルSに匹敵する走行性能



    【所有期間または運転回数】

    今回は納車されて一日程度の走行であったが、市場で何度も走行しており納得のいく走り
    【総合評価】
    前回乗っていた車が、パサートW8で、その走りは驚くほどよかったが、それに匹敵する走行性能

    【良い点】
    抜群の燃費

    【悪い点】
    後部座席が今一つの質感、マイナー後は解消されているが
  • 蘭丸船長さん2016/01/19

    近場の燃費は抜群!!



    【所有期間または運転回数】
    中古を購入し2週間

    【総合評価】
    4WD SUVでこの燃費は素晴らしい!!

    【良い点】
    購入後 近場10〜20kmの移動ではバッテリー100%走行可能なのでガソリン使用は
    ほぼゼロでいける。

    往復40kmまでの利用のみなら満充電(150円くらい)で平均燃費は50kmに届きそうな

    感じ(今までの最高表示は44km/L)

    50km地点までの往復では満充電で片道バッテリーで途中の充電はせず平均燃費31kmの表示
    なので4WD SUVとしては素晴らしい燃費!!

    パドルシフトは山超えの下りは非常に有効で標高640mからの下りで12〜13km走行分の
    充電ができる。
    B0〜B5まであり下りではブレーキの様に使えて充電されるのでお得感がある◎

    【悪い点】
    満充電でエアコンなし(シートヒーターのみオン)でおよそ50km走行できたが、エアコンを
    つけると25〜30kmしか走らない。

    カーナビの操作が難しいと・・・直感的に操作が進んで行かない感じがする(以前はユピテル使用)

    コンソールBOXの高さが低い(肘を乗せにくい)

    充電ポイントが少ない。

    大型商業施設(買い物&食事のできるところ)イオン・ジャスコ・日帰り入浴施設等への設置希望。

    三菱なのでリコール隠しが気になる・・・人命にかかわるので隠すのは勘弁願います。
  • こうさん。さん2016/01/14

    脅威的な燃料効率。



    試乗してきました。

    良い点。
    ・電気併用で燃費が良い。
    ・見かけによらず加速性能などの足回りが良い。
    ・小回りが利いて狭い所でも運転しやすい。

    悪い点。
    ・回生ブレーキが好きな人もいるが面倒。運転時のプレイ要素にせずブレーキに組んだ方がスマート。
    ・車体が長く、画像の通り一般的な駐車場からはみ出す。
    ・バッテリーの寿命が懸念される、交換も高価になることが予想できる。

    総評。
    ・これまでの車からワンランク、ドンと大幅高な性能になったような車で、しばらく車から離れていた人はその快適さに感動するだろう。 電気自動車明瞭期の代表格たる車と言える。
  • アラヨシさん2016/01/04

    レレレ



    【所有期間または運転回数】
    2カ月

    【総合評価】
    大変良い

    【良い点】
    静か、パワーがある、加速が良い、燃費が良い

    【悪い点】
    内装が普通
  • にっしゃんさん2015/12/06

    試乗



    【所有期間または運転回数】

    試乗してきました

    【総合評価】

    普段乗っているのは父のスカイラインと、自分のフーガ。
    妻はノアハイブリッド保有。


    加速性能は、ノアハイブリッドやボクシィハイブリッドとは次元の違う加速。
    アルファードやベルファイヤなどのハイブリッドよりも良い加速だった。
    乗り心地は硬い。ゆったりした道では乗り心地が良いが、細かい凹凸を拾う。
    ゴツゴツした部分が残っている。

    内装、インパネは本当に貧相。
    日産、トヨタの四百万クラスの車に及ばない。


    ロードノイズが入ってくるので
    無音とは縁遠い

    停止時、超低速時に静かだなと感じる程度だ


    加速、静かさは素晴らしいが
    やはりスポーツセダンには及ばない部分が多い。

    あとこのサイト。
    入力するときに「小文字」があるので書き直せと
    五十回くらい出てきて延々修正したり消したりして
    文章が短くなった。もっと細かくレビューしていたのに残念だ。
    ネットでは、数字は小文字が基本だ
    半角カタカナだけ禁じて、数字と英字は小文字可能にしておけ
    全く使いにくい入力欄だ


    【良い点】

    四駆で電気自動車として存在していること。


    【悪い点】

    内装が貧相
    ステアリングが軽すぎて不安定。にもかかわらずタイヤの衝撃が伝わる
    電子ステアリングのようだが、ホンダと違って堅さ調整が出来ない
    外装が実物はぱっとしない。安っぽさが残る。マイナーチェンジ前よりはマシになっているが。
    グレード分けの根拠がおかしい。(ナビとか暖房の為の機能とか、安全装置とか)
    安全装置なんて前グレードに標準装備しろって思う。
    あんだけ事件を起こしておいて、まだ安全意識が低いとか
    日産を見ならうべき。


    結論からして三菱にしては最高傑作。
    よく作れたなと思う。素晴らしいといえる部類。

    だが、日産、トヨタ(レクサス)を乗っている人間からすると
    四百万は高いなという感想。
  • 一条 孝さん2015/12/01

    マイチェンで内外装一新、走行性能も向上!



    【総合評価】
      マイナーチェンジを受けたアウトランダーは精かんなフロントマスクが印象的。見た目だけではなく、ボディ剛性の強化、足まわりのセッティングも見直されているのだ。

    【良い点】
      乗り心地はマイチェン前よりも向上し、静粛性の向上も確かめられる。バッテリーがフル充電されていれば60.8キロの走行が可能だが、ハイブリッドモードでは以前の18.6キロから20,0キロに燃費が向上している。欧州車にもプラグインハイブリッドが続々デビューしているが、アウトランダーPHEVはずっとリーズナブルで1500Wまでの給電装置を備えるのが魅力だ。

    【悪い点】
     特になし。
  • 一条 孝さん2015/10/31

    マイナーチェンジで完成度を高めたPHEV



    【総合評価】
     三菱の4WD技術とEVテクノロジーを融合させたプラグインハイブリッド車。デビューは2012年だが、2015年のマイチェンでエクステリアをリニューアル。ボディも足まわりの剛性を高めて乗り心地を向上させている。熟成されているのだ。

    【良い点】
     バッテリーの満充電時は60kmほどのEV走行が可能。電池がなくなってもエンジンが発電もしくは直接駆動するので航続距離に対する不安がない。急速充電も可能なので休憩も兼ねて充電すればEV走行で長い距離を走ることができる。1500W給電コンセントも実用的でバッテリーだけで1日分の電力を賄うことができる。

    【悪い点】
     EVとして乗れば経済性は申しぶんないが、ハイブリッドモードではボディの重さゆえに一般的なハイブリッドよりも燃費は落ちる。大容量の発電専用のジェネレーターや駆動用バッテリーを搭載するため、サードシートが装着できないのもガソリン車と異なる部分だ。
  • 工藤貴宏さん2015/07/31

    ひときわ高まったPHEVの存在感



    【総合評価】
     マイナーチェンジでエクステリアを刷新したPHEV。精悍な顔つきになり高まった存在感は、好感が持てます。ほとんどのシーンをモーターだけの力で走るPHEVならではなのは、スムーズで爽快な加速感。それは電気自動車と同様ですが、電気自動車と違ってガソリンを入れれば充電しなくても走るのは特徴であり優れたメリットですね。

    【良い点】
     家庭で充電できる環境があれば、短距離ならガソリンを使わずに走れるので賢く使えば低コストで、ガソリンスタンドに行く手間も省けること。マイナーチェンジではサスペンション設定とともにボディ補強も強化されて、ハンドリングも乗り心地もよくなりました。30ヵ所以上に手を入れたという静粛性向上もしっかり感じられます。

    【悪い点】
     やっぱり車両価格は高いですよね。リーズナブル感が増す中古なら、自信をもって「買い」と言えますが。
  • イッペイさん2015/01/24

    とても良い車



    【所有期間または運転回数】


    【総合評価】
    パワーはあった、高速も安定、ミリ波レーダーはかなり使える700キロメートル走って充電は一度もしないでリッター12キロ、夜は車で寝た電気毛布二枚だけでは寒く温水ヒーターを
    使うと5時間程でバッテリーはゼロ近くに、エンジンを
    かけて一時間程で80パーセント程になりその後、東京の渋滞を通り帰宅
    1500ワットは使える、ドライヤーも使った。
    メーカー指定のナビは、お粗末10年前の物かと思った
    メーターのセンターにナビが割り込んで来るのは
    つかいずらかった。電動ハッチバックは要らないと
    感じた、普段自宅充電で40キロ程でたまに遠出と
    言う使い方なら四輪駆動だし良い車と思います。

    【良い点】


    【悪い点】
    営業マンが威張つている
    三菱だけではないが
  • やま〜だよさん2014/09/27

    持たない電池



    なんで評価が良いのか分からない 試乗して目的地半分も行く前に電池は0、急速充電に30分かかるも使い切るのに30分かからない、エンジンブレーキで回生しても20%しか回生せず5分と掛からず0 あとは重いだけで2リッターのSUV、不満を持たない訳がない エンジン+モーターの加速は確かにいいけど、これを生かすには30分以内の目的地(電気ステーション必須)への往復がほとんどの人だけかな
  • hirokun55さん2014/03/10

    燃費は魅力だが



    【総合評価】4WDで使い勝手が良く、ハイブリッド車で燃費も期待できるというスペックは、非常に魅力的。現時点では、対抗車種が見当たらないと言って良い。デザインや内装の質感がナットクできれば買いだと思う


    【良い点】ハイブリッド車で4WD


    【悪い点】内外装の質感が低く、とてもヤスっぽく感じてしまうところがとてもザンネン。他にない車種だけに改善して欲しい
  • 茅野のPHEVさん2013/11/20

    がっかり燃費性能



    【総合評価】
    売りのJC08燃費が詐称に近いほど悪い。
    実際の複合走行、名神、東名と地道で13km/L
    高速で90km一定速走行した場合だけ、メーカ表示燃費になる。

    【良い点】
    マイクロ波オートクルーズは、良い性能。

    【悪い点】
    なんといってもエコカーとはいえない。燃費性能。
    ディーラに文句を言ったら、運転の仕方が悪いという回答。

アウトランダーPHEV以外の三菱の車種

全て見る

メーカーから探す

人気の車種一覧

三菱 アウトランダーPHEV の中古車



中古車おすすめランキング

自動車ニュース

【免責事項】
本サービスに掲載される中古車情報は、株式会社プロトコーポレーションの情報に基づいています。
この情報の内容についてBIGLOBEでは一切の責任を負いかねます。

表示  :  スマートフォン  |  PC

PAGE TOP