pagetop

ETCが付いているセンチュリー - トヨタ

中古車台数84

センチュリー - トヨタの中古車の気になる相場は?

件数中心価格帯最安値最高値
全て 123件 75.0 万円148.0 万円 19.8万円 2200.0万円
(更新日: 2019/11/14)  » 年式別、色別、都道府県別まで! トヨタ センチュリーの中古車の相場情報 をもっと詳しく見る
「ID車両」とは、クルマのプロによる厳しいチェックを受け、その結果をしっかりと開示している中古車の総称です。
クルマの状態が"まる見え"の「ID車両」が、あんしん・なっとくの中古車えらびの真・基準になります。

ETCが付いているセンチュリー - トヨタの在庫一覧

無料で簡単買取査定、グー買取×BIGLOBEクルマ

トヨタセンチュリー 2019年(平成)31年月発売モデルのカタログ情報

1967年の誕生以来、日本を代表する最高級フォーマルサルーンとなるトヨタ「センチュリー(CENTURY)」。21年ぶりにフルモデルチェンジを行い3代目となった。5L V型8気筒ハイブリッドシステムを新搭載し、ショーファーカーに求められるスムーズで余裕に満ちた走りと、高い環境性能を両立。熟練の匠が時間と手間をかけ、防音材を隙間なく組み付けるなど、徹底的な防音対策を施した。加えて、エンジン起動時の音や振動にはアクティブノイズコントロールで対応し、圧倒的な静かさを実現。エクステリアは、日本の美意識に通じる静的な均整感を保ちながら、後席を上座とする独自の思想を造形に表した。サイドビューは、あえて傾斜を立てた重厚なクォーターピラーにより後席の存在感を強調。センチュリーの象徴であるフロントセンターの「鳳凰」エンブレムは、工匠が金型を約1カ月半かけて丁寧に手で彫り込み、躍動する翼のうねりや繊細な羽毛の表情を鮮やかに描き出している。さらに、エンブレムを彩る縦格子のフロントグリル奥に、「七宝文様」を配置し、前後二重構造にすることで、「品位ある華」を表現した。インテリアは、65mm延長したホイールベースを後席スペースの拡大に充てることで、乗員の膝まわりや足元に十分なゆとりを提供。加えて、後席のスカッフプレートとフロアの段差を従来型より縮小し、フロアマット装着時にはフラットとなり、さらに乗り降りしやすくなった。また、本杢オーナメントで前後席の空間を区切りながら「折り上げ天井様式」を取り入れ、天井には「紗綾形(さやがた)崩し柄」の織物をあしらい、後席の格の高さを表現。また、無段階に調整可能な電動オットマンや座り心地を追求したリフレッシュ機能付(左後席のみ)電動リヤシートを採用。安全装備には、「Toyota Safety Sense」を新搭載するとともに、隣車線の死角を走る車両を検知する「ブラインドスポットモニター」、周辺状況を検知して駐車支援する「パーキングサポートアラート」を採用。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

センチュリー以外のトヨタの車種

全て見る

装備・オプションから探す

メーカーから探す

人気の車種一覧

センチュリー - トヨタの中古車相場情報

件数中心価格帯最安値最高値
全て 123件 75.0 万円148.0 万円 19.8万円 2200.0万円

» 年式別、色別、都道府県別まで! トヨタ センチュリーの中古車の相場情報をもっと詳しく見る

中古車おすすめランキング

自動車ニュース

【免責事項】
本サービスに掲載される中古車情報は、株式会社プロトコーポレーションの情報に基づいています。
この情報の内容についてBIGLOBEでは一切の責任を負いかねます。

表示  :  スマートフォン  |  PC

PAGE TOP