pagetop

RC F - レクサス中古車の気になる相場は?


全体相場

件数中心価格帯最安値最高値
2年以内 5件 795.0 万円798.0 万円 735.0万円 950.0万円
4年以内 44件 559.0 万円625.0 万円 429.0万円 950.0万円
7年以内 54件 539.8 万円619.8 万円 426.6万円 950.0万円
全て 54件 539.8 万円619.8 万円 426.6万円 950.0万円
(更新日: 2019/07/17)

» レクサス RC Fの中古車の在庫をすべてチェック!

カラー別の相場

カラー件数中心価格帯最安値最高値
ホワイトノーヴァガラスフレーク 23件 538.0 万円625.0 万円 429.0万円 788.0万円
ラディアントレッドコントラストレイヤリング 7件 509.8 万円579.0 万円 509.0万円 658.0万円
ヒートブルーコントラストレイヤリング 3件 555.0 万円580.0 万円 555.0万円 795.0万円
ブラック 7件 559.8 万円578.0 万円 493.8万円 620.0万円
シルバー 5件 549.0 万円594.0 万円 426.6万円 599.0万円
オレンジM 7件 569.0 万円798.0 万円 549.0万円 950.0万円
マーキュリーグレイマイカ 1件 660.0 万円660.0 万円 660.0万円 660.0万円
オレンジ 1件 528.0 万円528.0 万円 528.0万円 528.0万円
(更新日: 2019/07/17)

カラー名をクリックするとそのカラーの中古車の在庫をすべてチェックできます。

年式別の相場

年式件数中心価格帯最安値最高値
2018年 4件 735.0 万円825.0 万円 735.0万円 950.0万円
2017年 1件 795.0 万円795.0 万円 795.0万円 795.0万円
2016年 4件 594.8 万円619.0 万円 594.8万円 668.0万円
2015年 35件 549.0 万円599.0 万円 429.0万円 788.0万円
2014年 10件 509.8 万円539.8 万円 426.6万円 660.0万円
(更新日: 2019/07/17)

年式をクリックするとその年式の中古車の在庫をすべてチェックできます。

都道府県別の相場

都道府県件数中心価格帯最安値最高値
北海道 1件 549.0 万円549.0 万円 549.0万円 549.0万円
福島県 2件 512.5 万円512.5 万円 512.5万円 720.0万円
茨城県 7件 469.8 万円569.0 万円 429.0万円 625.0万円
栃木県 1件 735.0 万円735.0 万円 735.0万円 735.0万円
群馬県 1件 689.0 万円689.0 万円 689.0万円 689.0万円
埼玉県 4件 509.8 万円617.8 万円 509.8万円 659.8万円
千葉県 5件 578.0 万円579.0 万円 490.0万円 619.0万円
東京都 5件 658.0 万円795.0 万円 569.0万円 825.0万円
神奈川県 3件 555.0 万円580.0 万円 555.0万円 668.0万円
福井県 1件 549.0 万円549.0 万円 549.0万円 549.0万円
愛知県 4件 528.0 万円660.0 万円 528.0万円 950.0万円
京都府 1件 538.0 万円538.0 万円 538.0万円 538.0万円
大阪府 4件 498.0 万円592.0 万円 498.0万円 620.0万円
兵庫県 3件 493.8 万円519.9 万円 493.8万円 619.8万円
岡山県 3件 426.6 万円548.0 万円 426.6万円 575.6万円
徳島県 1件 559.8 万円559.8 万円 559.8万円 559.8万円
福岡県 3件 538.0 万円539.0 万円 538.0万円 658.0万円
佐賀県 1件 509.0 万円509.0 万円 509.0万円 509.0万円
熊本県 2件 595.0 万円595.0 万円 595.0万円 598.0万円
鹿児島県 1件 788.0 万円788.0 万円 788.0万円 788.0万円
沖縄県 1件 515.0 万円515.0 万円 515.0万円 515.0万円
(更新日: 2019/07/17)

都道府県名をクリックするとその都道府県のディーラーの中古車の在庫をすべてチェックできます。

グレード別の相場

グレード件数中心価格帯最安値最高値
ベースグレード 10.3型ナビ 赤革シート レーダークルーズ 38件 538.0 万円 594.0 万円 426.6万円 798.0万円
カーボンエクステリアパッケージ 15件 598.0 万円 630.0 万円 549.0万円 950.0万円
(更新日: 2019/07/17)

グレード名をクリックするとそのグレードの中古車の在庫をすべてチェックできます。

レクサスRC F 2019年(平成)31年5月発売モデルのカタログ情報

アグレッシブなデザインと、サーキット走行ができる本格的プレミアムスポーツカーであり、「F」のスポーツイメージをけん引していくモデルの「RC F」。ラインアップは、「ベースグレード」、カーボン製のエンジンフードやルーフとTRDによるカーボン製のアクティブリヤウイングを装備した「カーボンエクステリアパッケージ」を設定。5L V型8気筒エンジンを搭載し、電子制御8速トランスミッションを組み合わせる。今回、マイナーチェンジを行った。運動性能向上を狙い、車両重量の低減を実施。従来型比約20kgの軽量化を実現し、レスポンスに優れたハンドリングと限界領域でのコントロール性向上を目的に、トレッドパターン一本一本のコンパウンド材質までこだわりタイヤを新開発。Fの自然吸気エンジンならではのリニアな加速フィーリングを際立たせるため、エンジン出力を向上させるとともに、エアクリーナ−形状変更による吸気性能向上とスロットル制御の改良によりアクセルレスポンスを向上させた。さらに、エンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐローンチコントロールを採用。スポーツ走行における鋭いスタートダッシュを実現。エクステリアは、「レース育ちのスタイリング」をコンセプトに、レースで培われた空力デバイスや形状を最大限スタイリングに織り込んだ。フロントスポイラーのコーナーにカナード形状を取り入れてダウンフォースを向上させたほか、サイドのロッカーモール後端にアンダーカット形状をつくることでリヤタイヤ周辺の乱気流を抑制するなど、空力性能の向上を目的としながら、Fとしての独自性を狙ったデザインとしている。さらに、「パフォーマンスパッケージ」を新たに設定。日本のSUPER GTや米国のデイトナ24時間レースなど、モータースポーツで培った技術を応用し、CFRPの外装部品やカーボンセラミックブレーキ、チタンマフラーなどの採用でさらなる軽量化を実現したほか、加速性能・空力性能も向上させ、より高い次元の運動性能を追求。内装では、専用のインテリアカラーフレアレッドや専用のオーナメントパネルレッドカーボンを採用し、運転の愉しさを一層際立たせた。

レクサス RC Fの口コミ評価

  • 工藤貴宏さん2015/06/29

    誰でも扱えるモンスターマシン



    【総合評価】
     なんとも漢らしいクルマです。スポーツカーにおいても世界中のメーカーがダウンサイジングターボ化を進めているのを横目に、このクルマは大排気量自然吸気エンジンを搭載。この時代への逆行感がいいんです。トレンドなんて関係ありません。むしろ時代に流されていない感じは誇りでもありますよね。5.0L V8で477psエンジンが生む動力性能は、量産スポーツカーとしては世界的に見てもハイレベル。あのLFAのテクノロジーが生かされているだけあって、官能性能の高さも自慢です。

    【良い点】
     性能の高さは、ここで触れるまでもないでしょう。あえて触れておきたいのは、レクサスらしいおもてなし。室内は快適装備が充実しているだけでなく、まるでファミリーカーのように運転もイージーなんです。かなりお年を召した女性が運転しているのを見たことがありますが、世界最高峰の動力性能がありながらファミリーセダンのように普通に運転できる。それって本当に凄いことだと思います。

    【悪い点】
     あえていえば、メルセデスベンツAMGやBMWのMと肩を並べるパフォーマンスながら、ブランドイメージでまだ追いつけていないこと。ブランドは歴史が作りますから、新参者はなかなか……ってところですね。
  • 森野 恭行さん2015/02/28

    絶頂感をもたらす中高回転域サウンドは絶品



    【総合評価】
      BMW・M4やアウディRS5、メルセデスAMG C63に対抗する、レクサスのスーパークーペがRC Fだ。量感あるボンネットの中に収めるのは、IS Fから継承した2UR—GSE型自然吸気V8・5Lユニットだが、シリンダーブロックを除くほとんどの部分に手を入れ、一段と性能とフィーリングを強化している。477馬力/54.0kgmの数値は、ドイツの強豪たちにも一歩も引かない素晴らしい性能だ。
     そして、大幅に強化されたボディ剛性と、19インチに容量アップが図られたタイヤも、IS Fから大きく進化したところ。大径タイヤを履かせるため、フロントのプラットフォームをGSベースとしたのは大正解で、より本格派のスポーツモデルに昇華された。

    【良い点】
      大人の色気を漂わせるエクステリアと、スポーティムードに浸ることができるコクピットは、クーペを母体とするスポーツモデルならではの魅力と言っていい。インテリアの仕立てもハイレベルで、最新のレクサスらしいセンスが感じられる。ルックスが子供っぽくないのがいいところで、しかも「ECO」や「NORMAL」モードを選んでいればエンジンが無用に吼えることもない。つまり、日常使いにも向くスーパークーペということだ。
     でも、RC Fの本領は、「SPORT」もしくは「SPORT+」にモードを切り替えたときに発揮される。鋭いレスポンス、高揚感を演出するトルクの盛り上がり、そして官能性と刺激性を高度にバランスさせたサウンドは、自然吸気V8のスポーツユニットでしか味わえない快感! ターボとはひと味も、ふた味も違う魅力をアピールする。 そしてハンドリング。少しノーズが重い印象はあるが、タイトコーナーも、高速コーナーも思いどおりに攻められる優れたハンドリングバランスを実現している。とくに、オプションのTVD(トルクベクタリング)を搭載したモデルは、ハンドリングの自由度と楽しみの幅が広い。そうしたスポーツ性の高さと、可変なしのサスを考えれば、乗り心地の快適度も十分なレベルにあるといえる。

    【悪い点】
      車重は1.8トン級。ハードな走りとなると、高速コーナーやブレーキングで、やはりクルマの重さを感じてしまう。旋回性能やブレーキ性能に不足があるわけではないが、「もっと軽ければ、さらに冴えた走りが楽しめるのに……」と、つい高望みをしたくなる。

RC F以外のレクサスの車種

全て見る

メーカーから探す

人気の車種一覧

レクサス RC F の中古車



中古車おすすめランキング

自動車ニュース

【免責事項】
本サービスに掲載される中古車情報は、株式会社プロトコーポレーションの情報に基づいています。
この情報の内容についてBIGLOBEでは一切の責任を負いかねます。

表示  :  スマートフォン  |  PC

PAGE TOP