pagetop

ディスカバリースポーツ - ランドローバー中古車の気になる相場は?


全体相場

件数中心価格帯最安値最高値
2年以内 74件 488.0 万円618.0 万円 298.8万円 699.9万円
4年以内 97件 418.0 万円578.0 万円 199.0万円 699.9万円
7年以内 102件 403.0 万円578.0 万円 199.0万円 699.9万円
全て 102件 403.0 万円578.0 万円 199.0万円 699.9万円
(更新日: 2020/07/04)

» ランドローバー ディスカバリースポーツの中古車の在庫をすべてチェック!

カラー別の相場

カラー件数中心価格帯最安値最高値
フジホワイト 34件 389.9 万円578.0 万円 199.0万円 678.0万円
フィレンツェレッド 9件 328.0 万円403.0 万円 278.9万円 690.0万円
バイロンブルー 14件 518.0 万円618.0 万円 438.0万円 678.0万円
エイントリー・グリーン 4件 349.9 万円418.0 万円 349.9万円 519.0万円
サントリーニブラック 22件 389.9 万円478.0 万円 319.8万円 699.9万円
インダスシルバー 4件 398.0 万円489.9 万円 398.0万円 639.9万円
ナミブオレンジ 1件 529.9 万円529.9 万円 529.9万円 529.9万円
アイガーグレー 11件 378.0 万円618.0 万円 340.8万円 698.0万円
アイガーグレー 2件 458.0 万円458.0 万円 458.0万円 628.0万円
バイロンブルー 1件 670.0 万円670.0 万円 670.0万円 670.0万円
(更新日: 2020/07/04)

カラー名をクリックするとそのカラーの中古車の在庫をすべてチェックできます。

年式別の相場

年式件数中心価格帯最安値最高値
2020年 7件 599.9 万円659.9 万円 529.9万円 699.9万円
2019年 52件 508.0 万円618.0 万円 403.0万円 698.0万円
2018年 15件 379.9 万円468.0 万円 298.8万円 568.0万円
2017年 11件 379.9 万円415.0 万円 340.8万円 428.0万円
2016年 12件 335.9 万円359.8 万円 199.0万円 398.0万円
2015年 5件 328.0 万円329.9 万円 318.9万円 378.0万円
(更新日: 2020/07/04)

年式をクリックするとその年式の中古車の在庫をすべてチェックできます。

都道府県別の相場

都道府県件数中心価格帯最安値最高値
北海道 1件 335.9 万円335.9 万円 335.9万円 335.9万円
岩手県 2件 578.0 万円578.0 万円 578.0万円 628.0万円
宮城県 5件 519.0 万円598.0 万円 403.0万円 668.0万円
福島県 5件 499.9 万円578.0 万円 389.9万円 670.0万円
茨城県 7件 418.0 万円598.0 万円 398.0万円 698.0万円
栃木県 7件 458.0 万円628.0 万円 398.0万円 678.0万円
埼玉県 3件 319.8 万円388.0 万円 319.8万円 498.8万円
千葉県 12件 438.0 万円518.0 万円 377.9万円 678.0万円
東京都 7件 458.0 万円479.9 万円 438.0万円 529.9万円
神奈川県 9件 349.9 万円499.9 万円 328.0万円 659.9万円
石川県 9件 418.0 万円538.0 万円 368.0万円 588.0万円
山梨県 1件 340.8 万円340.8 万円 340.8万円 340.8万円
静岡県 1件 349.9 万円349.9 万円 349.9万円 349.9万円
愛知県 11件 379.9 万円579.9 万円 199.0万円 699.9万円
三重県 2件 278.9 万円278.9 万円 278.9万円 318.9万円
京都府 1件 359.8 万円359.8 万円 359.8万円 359.8万円
大阪府 6件 349.0 万円389.9 万円 329.9万円 659.9万円
兵庫県 1件 358.0 万円358.0 万円 358.0万円 358.0万円
岡山県 1件 428.0 万円428.0 万円 428.0万円 428.0万円
広島県 5件 428.0 万円578.0 万円 368.0万円 618.0万円
福岡県 6件 415.0 万円499.0 万円 389.0万円 690.0万円
(更新日: 2020/07/04)

都道府県名をクリックするとその都道府県のディーラーの中古車の在庫をすべてチェックできます。

グレード別の相場

グレード件数中心価格帯最安値最高値
SE 2.0L P240 4WD 21件 368.0 万円 458.0 万円 199.0万円 618.0万円
HSE 認定 7人乗り リモート シートヒーター 35件 377.9 万円 458.0 万円 298.8万円 568.0万円
HSEラグジュアリー 2件 428.0 万円 428.0 万円 428.0万円 498.0万円
ピュア LANDROVER APPROVED 認定中古車 1件 403.0 万円 403.0 万円 403.0万円 403.0万円
ランドマークエディション 黒革 パノラマルーフ ACC 4件 458.0 万円 498.8 万円 458.0万円 579.9万円
7プラススペシャルエディション 2件 388.0 万円 388.0 万円 388.0万円 418.0万円
D180S 認定 ブラックパック 1オーナー ドライブパック 7件 569.9 万円 628.0 万円 519.9万円 659.9万円
R-ダイナミック S 180PS 認定 ドライブパック 6件 619.9 万円 659.9 万円 599.9万円 699.9万円
S 200PS 6件 529.9 万円 578.0 万円 479.9万円 618.0万円
R-ダイナミック SE 250PS 2件 668.0 万円 668.0 万円 668.0万円 670.0万円
(更新日: 2020/07/04)

グレード名をクリックするとそのグレードの中古車の在庫をすべてチェックできます。

ランドローバーディスカバリースポーツ 2019年(平成)31年1月発売モデルのカタログ情報

新しいディスカバリー・ファミリーの先陣を切るプレミアムコンパクトSUVモデル「ディスカバリー スポーツ」。今回、エクステリア・デザインを一新し、一目でディスカバリー・ファミリーとわかるエクステリア・デザインに質感と利便性を高めたインテリアとなった。ラインアップは、「ベースグレード」、「S」、「SE」、「Rダイナミック S」、「Rダイナミック SE」、「Rダイナミック HSE」を設定。エンジン・ラインアップは2L 直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(180馬力・430N/m)と2L 直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(200馬力・320N/m、250馬力・365N/m)の3種類を用意。フロントグリルやバンパー(フロント/リア)のデザインを変更し、シグネチャーLEDヘッドライト(フロント/リア)も採用。インテリアの質感も向上させており、素材を見直し耐久性を高めている。さらに、コンパクトSUVでありながら、7人乗車ができる3列目シートと、スライド&リクライニング機構を備えた40:20:40の分割可倒式2列目シートを備え、24通りものシートアレンジを可能にし、実用性と多用途性をさらに強化している。また、ランドローバー最新のアーキテクチャー、PTA(Premium Transverse Architecture)を採用して剛性を高めており、走行中のノイズや振動を抑え、安全性と快適性をさらに向上。フロントシャシー部分のアーキテクチャーを刷新しており、エンジンマウント位置を従来よりも低くすることで低重心化を図り、コーナーリング時のステアリング・レスポンスを改善するとともに、高い操縦性能と静粛性を実現。路面状況に応じて最適なサスペンション、トランスミッション、トラクションなどの車両設定を自動制御するテレイン・レスポンス2やエマージェンシーブレーキ、クルーズコントロール、レーンキープアシストに加え、まるでボンネットがないかのように、フロント下180度の視角を確保するClearSightグラウンドビューなど、充実したドライバー支援システムを標準装備。オプションとして、後方視界が悪い時に、視野角50度の高解像度映像をルームミラーに映し出して視認性を高めるClearSightインテリア・リアビューミラー、主要情報をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)など、利便性の高い最新機能も選択可能。右ハンドル設定。

ランドローバー ディスカバリースポーツの口コミ評価

  • タイガー&マックさん2017/03/19

    街乗りだけではもったいない真のSUV



    【所有期間または運転回数】
    一年間、通勤とレジャーにほぼ毎日。
    【総合評価】
    大変満足しています。決して目立つ車ではありませんが、ユーザーにはその素晴らしさが段々解ってくる爽快で頼もしいSUVです。
    街乗りでは他のSUVと大差は無いかもしれませんが、高速や海や山に行くと本当に買って良かったと思える車です。また、あって欲しくは無いですが、災害や洪水でも頼りになるかと思います。
    【エクステリア】
    当初強烈なインパクトを感じませんでしたが、徐々にその存在感と品格に惹かれてきました。
    【インテリア】
    シンプルな水平・垂直基調を採用し、車両の状況が把握しやすい設計です。
    【エンジン性能】
    必要十分と思います。高速の合流や追い越し時も軽快で、流れをリードすることもできます。若干のタイムラグで強烈なターボが駆動する場合は、内心微笑みながらアクセスを緩めています。
    【走行性能】
    オプションのアダプティブダイナミクスを装備していますが、俊敏かつ適度にマイルドなハンドリングと挙動はランドローバーとジャガーのコラボの賜物かと思います。
    【乗り心地】
    重厚感ある乗り心地がとても気に入ってます。また、スタジアムシートの後席はスライドとリクライニング機能も備わり居住性が十分なうえ、子供が外の景色を楽しめることも嬉しいです。
    【燃費】
    街乗りで7〜8KM、高速で11KM程度ですが、全く不満はありません。
    【悪い点】
    パドルでのシフトダウンでエンジンブレーキにタイムラグが大きいことと、歩行者にも反応する自動ブレーキやアダプティブ・クルーズ・コントロールの設定が無いことが残念です。
  • 高坂義信さん2015/07/29

    伝統ブランドがおくる、プレミアム・コンパクト



    【総合評価】
     世界をリードするプレミアムSUVブランド「ランドローバー」のセカンド・セグメント「ディスカバリー」に追加設定されたコンパクトSUVが、ディスカバリー・スポーツです。ボディサイズやコンセプトは兄貴分の「レンジローバー・イヴォーク」に似ますが、こちらはSE、HSEというグレードに3列目シートをオプション設定。つまりそれだけ広い室内空間が確保されている、ということです。

    【良い点】
     2.0lターボの走りは余裕があり、引き締まったシャシーで4WD走行も安定しています。セカンドシートは兄弟車のイヴォークより圧倒的に広く、ファミリーで乗るなら、こちらがオススメです。

    【悪い点】
     プレミアム感のあるSUVですが、このクルマならではの個性がもう少しほしいところ。同クラスのライバルがひしめき合うクラスだけに、ディスカバリー・スポーツを選ぶ理由が……。

ディスカバリースポーツ以外のランドローバーの車種

全て見る

メーカーから探す

人気の車種一覧

ランドローバー ディスカバリースポーツ の中古車



中古車おすすめランキング

自動車ニュース

【免責事項】
本サービスに掲載される中古車情報は、株式会社プロトコーポレーションの情報に基づいています。
この情報の内容についてBIGLOBEでは一切の責任を負いかねます。

表示  :  スマートフォン  |  PC

PAGE TOP